HOME>注目記事>出産内祝いには喜ばれるギフトを選択しましょう

赤ちゃんが生まれたお祝いのお返し

赤ちゃんが生まれた場合、出産祝いをもらうことも沢山あります。出産祝いをもらった場合は、お返しとして、出産内祝いをお返しすることが一般的です。出産内祝いは本来、お祝い事の喜びを分かち合うために送られていたものですが現代では、前述の通りお祝いを頂いたお返しという意味合いが強くなっています。

喜ばれる出産内祝い3選

女性

自分で選べるカタログギフト

定番でひねりがないかなと考えがちですが、何を贈るか迷ったらカタログギフトというのも手です。相手の好みがわからない場合等、あれこれ考えて選ぶより、相手に選んでもらった方が確実に欲しいものを選んでもらえるので便利です。

赤ちゃんの出生体重のお米

出産内祝いならではのギフトとして、赤ちゃんの出生体重と同じ重さのお米も人気です。パッケージに赤ちゃんの写真や名前を入れてもらえるサービスもあるので、特に身内の方に贈ると喜ばれます。

あったらうれしいバス用品

出産内祝いに限らずですが、ギフトでもらって嬉しいものとして、自分でわざわざ買わないけれど、もらったら嬉しい物というカテゴリがあります。相手が女性でしたら、バスジュエルなどはその最たる例で、腐らない消えものとして使い勝手が良く便利です。

出産内祝いには喜ばれるギフトを選択しましょう

内祝い

出産内祝いを贈る上で知っておきたいマナー

出産内祝いを贈る場合、まず気になるのが、いつ贈ればいいのかということです。赤ちゃんの生後1か月ごろが一般的になっています。遅くとも2か月ごろには贈り、もし諸事情で遅くなってしまうような場合は、お礼状に一言お詫びを添えておきましょう。出産祝いを遅れてもらった場合は、お祝いを頂いた1か月後くらいまでに、その都度お返しすれば大丈夫です。
また、金額としては、頂いたお祝いの3/1から半分くらいの金額を目安にしたものを選ぶようにしましょう。

広告募集中